編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Solarisと南方熊楠の意外な接点をムリヤリ考えてみる(ZDNet Japanブログより)

飯田哲夫(電通国際情報サービス)

2007-12-11 16:12

 動物のように動き回って微生物を採食するかと思えば、植物のように胞子を作って繁殖をする。この動物と植物の中間的存在を粘菌という。そしてその研究に熱を注いだのが、いつでもゲロを吐く特技を持つ南方熊楠であった。

 南方熊楠は在野の学者で、10年くらい前にもその活動が脚光を浴びていた時期があり、その博物学的な研究スタイルと世界を股に駆けた破天荒な人生に興味を引かれたものである。それが最近、青山のワタリウムで熊楠をフィーチャーした展覧会が開催されていたものでつい行ってしまったのである。

全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]