編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

インテル、FCoE技術用ソフトウェアプロジェクトのソースコードを公開

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-12-19 12:28

 Intelが、ファイバチャネル通信をより一般的なイーサネットネットワークでも利用可能にするサーバソフトウェアプロジェクトのソースコードをリリースした。

 ファイバチャネルはストレージシステムとサーバを接続する際に使用されるハイエンドネットワークテクノロジである。Intelと大手ネットワーキング企業のCisco Systemsは、ファイバチャネルを一般的で広く普及しているイーサネットテクノロジに十分適応できるようにする作業に取り組んでいる。このテクノロジは、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)と呼ばれている。

 このプロジェクトを促進するため、Intelは米国時間12月18日、 Open-FCoE.orgがこのソースコードを提供すると発表した。ソースコードは同サイトから提供される。ソースコードは、GNU General Public License(GPL)のバージョン2で管理されている。

 このコード自体は11月に、カーネルプログラマーでIntel社員であるRobert Love氏によるプロジェクトメーリングリストで発表されていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]