編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

スタジオジブリ、日本SGIの「JNICOL」でPR用画像管理システムを構築

CNET Japan Staff

2008-01-08 15:53

 日本SGIは1月8日、デジタルコンテンツ管理ソリューション「JNICOL(Japan New Information Contents Library:ジェイニコル)」をベースとした画像管理システムを開発し、アニメーション映画制作会社であるスタジオジブリに納入、PR用コンテンツ管理システムとして稼働したことを発表した。

 この画像管理システムの導入によりスタジオジブリは、制作現場とPRのコンテンツ管理システムを一元化。コンテンツの検索性を向上すると共に、PR活動業務の効率化を実現している。

 同システムではまた、コンテンツへの柔軟なアクセス権の設定により、コンテンツの安全性が確保される。さらに業務ごとに分散していた各種機能を一元化したことで、ワンストップのPR業務サポートシステムを実現している。

 日本SGIは、これまでにもアニメ制作用にSGI独自OSのサーバやワークステーションなどをスタジオジブリに納入した実績がある。今回のコンテンツ管理システムは、その当時使用されていたSGI(IRIX)RGBやTIFFフォーマット画像など、数万点におよぶ画像素材も管理できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]