編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

Solaris10で8GB以上のファイルが読み込めません

OKWave

2008-01-28 10:00

8GB以上のファイルが読み込めません

RedHatLinux ES4.6 でLTOに書き込んだファイルが
Solaris10 で読み込めなくて困っています。
ファイルサイズが8GB未満の場合は問題ないのですが、
8GBを超えている場合、ディレクトリの検査合計エラーが
出力されてしまいます。

Solaris側でgtarを使えば読み込めることはわかっているのですが、
Solaris側担当は、容易には対応してくれません。
なんとかRedHat側のLTO書き込み時のオプション変更で回避したいのですが、何かよい方法はないでしょうか?

書き込み(RedHat) fileaが33GB
tar cvf /dev/st0 filea fileb

読み込み側(Solaris)
tar xvf /dev/rmt/1

回答

単純にちょん切っちゃうというのはどうでしょう?


tar cvf - /hoge | gzip -9 -c | split -b 1024m - /dev/st0

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]