編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

Linuxを削除したら,WindowsXPが起動しなくなりました

OKWave

2008-02-05 16:00

Linuxを削除したら,WindowsXPが起動しなくなりました

元々はWindowsXPをCドライブにインストールし,Dドライブはデータ用として使っていました.
最近になってLinuxを試してみたいと思い,まだハードディスクに未使用領域があったのでそこにインストールしてみました.(同時にスワップパーティションなるものも作成された?)
Linuxのインストールはうまくいったのですが,気に入らないところがあったのでWindowsXPのディスク管理からLinuxのパーティションを削除しました.また,スワップパーティションも同時に削除しました.

再起動すると


GRUB Loading stage1.5

 GRUB loading,please wait...
Error 22

と表示されて,WindowsXPが起動できなくなりました.

同じ症状の方が質問されているページ↓を見つけて,
http://okwave.jp/qa2453875.html
このページの処置と同様にWindowsXPの回復コンソールにより,FIXMBRを実行してみました.
具体的にはmapでパーティションを確認した後,次のコマンドを打ちました.
>fixmbr \Device\Harddisk0\Partition1
『新しいブートレコードは正しく書き込まれました.』と表示されたので,再起動したのですが症状は全く変わらないままでした.

次に,再びコンソールにより,今度は引数無しで実行してみました.
>fixmbr
先ほどと同様に,『新しいブートレコードは正しく書き込まれました.』と表示されたので再起動.

すると今度は起動時に『Invalid partition table』と表示されるようになってしまいました.

Cドライブを何とか起動させることはできませんでしょうか.
よろしくお願いします.

良回答

MBRの正しい理解がないと、無理だと思います。
下記の操作をして、だめなときは、再インストールあるいはリカバリ
してください。
1.回復コンソールで下記の二つのコマンドを打ち込み、
再起動してみてください。


fixmbr \Device\Harddisk0

fixboot C:

必ず、回復コンソールで行うこと。
c:
に、windows XPが入っていること。

理由は、パーティションテーブルが乱れたために起こる事象です。
パーティションを削除したり、Partion1とかつけたために、
壊れているかもしれません。

回答

アクティブパーティションが2つ以上ある、あるいはひとつも無いのだと思います。
回復コンソールではアクティブパーティションの設定が出来ませんから、ほかのPCでBartPEなどをを作成するか、OSを再インストールするしかないでしょう。
あるいは市販のパーティション管理ソフトを使うか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]