国内企業向け無線LAN機器市場、2011年には242億円に

奥山順子

2008-02-07 19:58

 IDC Japanは2月7日、国内企業向け無線LAN機器市場動向を発表した。

 調査によると、2006年の国内企業向け無線LAN機器市場は、企業向けアクセスポ イントと無線LANコントローラー/スイッチを合わせ、エンドユーザー売り上げ124億 7500万円と推定している。そのうち無線LANコントローラー/スイッチと従属型アク セスポイントからなる集中管理型無線LANシステムは約68%を占める。

 また、従業員10人以上の企業では、50%強が無線LANを導入しているものの、未 導入企業のうち約7割が今後の導入予定はないとしている。また従業員1000人以上の 大企業では無線LANコントローラー/スイッチを約24%が利用、コンシューマー向け 製品で約20%が無線LAN環境を構築している。導入企業に課題について聞いたとこ ろ、不正アクセスや不正利用への対策、盗聴対策などが多く挙げられた。

 2006〜2011年の年間平均成長率は無線LANの利便性への理解、高密度および広帯 域環境構築の習熟度向上、IEEE802.11nの利用進展などにより14.2%と高成長を予 測、2011年の国内企業向け無線LAN機器市場は242億円に達する見込み。

  同社のコミュニケーションズ マーケットアナリストの草野賢一氏は「企業向 け無線LANソリューション導入のメリットの1つとして、アクセスポイント数が多く 密度の高い環境下における無線LANデータネットワークの品質と管理性を高められる 点を中心に訴求すべきである。ただし、VoVVLANへの対応は、今後も継続的な取り組 みが必要であり、VoVVLANの機能強化を行いながら、短期的なビジネス拡大にはデー タ通信を主用途とするユーザーへの販売を強化すべきである」と分析している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]