アップル、Mac OS X 10.5.2をリリース

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月12日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mac OS X 10.5 Leopard」の最新版が米国時間2月11日午後にリリースされた。この最新版ではLeopardに存在した複数の問題が修正されている。

 Appleは自社ウェブサイトでサポートドキュメントを公開し、Leopardユーザーには、「Mac OS X 10.5.2」がSoftware Updateを通じてダウンロード可能である旨を通知している。複数のセキュリティパッチを含むコンボアップデートは、サイズが343Mバイトで、即座にダウンロードすることが可能。Leopardの最初のアップデートであるMac OS X 10.5.1は、2007年11月にリリースされた。

 Appleは今回のアップデートで、Finderのほか、Leopardで利用可能な自動バックアップソフトウェアであるTime Machineに関する複数の問題を修正している。Time Machineは現在、対応可能な外部ハードドライブの幅を広げ、Wi-Fiネットワークのリストのように、メニューバーからTime Machineを利用可能になった。しかし、Appleの新型外部ハードドライブである「Time Capsule」以外のワイヤレスバックアップには対応していない。

 Finderは、特定の状況でクラッシュする問題を修正し、動作がこれまでより安定しているようである。Airport(日本ではAirMac)は安定性とセキュリティが改善され、これまでよりも信頼性が向上しているという。

 Appleはまた、Leopardユーザー向けに2つのパッチを別途リリースした。これはグラフィックス性能を改善し、「WebObjects」を5.4.1にアップデートする。これらのアップデートが、このコンボアップデートに含まれているかどうか明らかではないが、Appleウェブサイトにあるアップデート対象のリストには含まれていない。

 また、AppleはTigerとLeopard向けに新しいセキュリティアップデートをリリースした。Leopardのコンボアップデートには11日にリリースされたこのセキュリティアップデートも含まれている。Appleの幹部が1月の業績に関する電話会議で述べたところによると、インストールベースのMacの約19%がLeopardにアップデートされているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化