インテル、第1四半期の業績見通しを下方修正--フラッシュメモリ価格の低迷で

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、緒方亮、長谷睦 2008年03月04日 21時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラッシュメモリの価格低下が打撃となり、Intelの2008年第1四半期の利益は当初の見込みを少々下回ることになりそうだ。

 Intelは米国時間3月3日午後、「NAND型フラッシュメモリチップの価格が当初の予測を下回ったため」粗利益率の見通しを56%から54%へと下方修正すると発表した。それまで、同社は粗利益率について、56%を挟んだ「上下数ポイント」の範囲内と予測していたことを考えると、これはある意味、見通しを絞り込んだだけとも言える。しかし、予測値の下限への絞り込みは通常、歓迎されることではない。

 Intelは、STMicroelectronicsとの合弁会社Numonyxを設立し、好不調の波が激しいフラッシュメモリ事業から抜け出そうとしている。Numonyxは、2008年第1四半期の終わりまでに事業を開始する予定だ。両社のNumonyxの株式保有率は50%未満なので、Numonyxが事業を開始すれば、両社はフラッシュメモリ事業を連結対象から外すことが可能になる。

 しかしそうなるまで、不安定なフラッシュメモリ市場がIntelの懸念材料であることは間違いない。また、2008年にこの業界が近年で最高の年を迎えそうな気配はない。さらに、フラッシュメモリ価格の下落は前兆にすぎず、今後さらに憂慮すべき事態が生じる恐れもある。

 ここ数年、一般消費者はハイテク製品を熱狂的な勢いで購入してきたが、信用収縮と他の商品の価格高騰を受けて、このブームもついに終わりを迎えるとの見通しが出てきた。そんな中、Appleは2008年向けのフラッシュメモリ発注数を削減したと報じられている。一方、Intelは自社のNOR型フラッシュメモリに関する資産やリソースをNumonyxに譲渡する予定だが、NOR型はNAND型のフラッシュメモリに対し劣勢が続いている。

 Intelは5日にカリフォルニア州サンタクララで投資家会議を開くことになっている。2008年の今後をIntelがどう予測しているのか、この会議でさらなる情報が明らかにされるかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化