編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サン、「iPhone」向けのJavaを開発へ

文:Erica Ogg(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-03-10 14:08

 Appleの「iPhone」向けのソフトウェア開発キット(SDK)のリリースを受けて、Sun MicrosystemsはiPhoneでJavaアプリケーションを利用できるようにする予定であると述べている。InfoWorldが伝えている。

 Sunは2008年6月以降にJavaの小型機器向け機能セットであるJava Micro Editionをベースにして「Java Virtual Machine(JVM:Java仮想マシン)を構築する予定だ。このJVMは「iPhone AppStore」で配信される。SunでJavaのマーケティングを担当するバイスプレジデントのEric Klein氏は米国時間3月7日、InfoWorldに対して、AppleはiPhoneでJavaアプリケーションを利用可能にすることを見送ったが、6日のSKDの発表を受けてSunはいずれにしてもiPhone向けJavaプラットフォームを開発することにしたと述べた。SunはSDKの資料をくまなくチェックして障害になるものは何もないことを確認してからJavaの開発を目指すことを決断した。

 「われわれはJVMによってJavaアプリケーションが可能な限りiPhoneのネイティブな機能にアクセスできるようにしていくつもりだ」(Klein氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]