家系図、家紋の次は「花押」!?--ボクの花押ができました(ZDNet Japanブログより)

八木大造(クレオ)

2008-03-11 21:08

 花押について、ご存知でない方が多いのではないでしょうか。家紋が家や一族というグループのマークだとすると、花押はその人個人のマークとも言えます。時代劇で武将や大名が手紙の最後に模様のようなものを書き込む場面がありますが、それが花押なんです。ずっとずっと昔から日本では、花押がサインとして使われてきた歴史があるそうです。

 現在でも政府の持ち回り閣議でのサインや、神社での記帳、上場企業の社長さんが社内で使用する正式なサインとして使われているそうです。また社長さんでなくても、外資系の企業にお勤めで日本文化に造詣の深い人はあえて花押でサインをしているそうです。

全文はこちら--「真水不足のミッドウェイ」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]