編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

Local APICの構成モード(Logical Destination Mode)の情報を示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-03-19 15:00

Enabling APIC mode: mode. Using number I/O APICs

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

Local APICの構成モード(Logical Destination Mode)の情報。

例:モードがflat、0番のI/O APICを使用。

SMPシステムにおいてプロセッサ毎にLocal APICが内蔵される。周辺機器から発生した割り込み信号はまず、I/O APICへ転送される。I/O APICが割り込みメッセージを予め指定されたプロセッサのLocal APICへ転送する。そのとき、Local APICの指定に以下の方法が使用される。いずれもマルチプロセッサシステム(MP System)のハードウエア構成に依存する:

1. Physical Destination Mode

  Physical APIC Idを使用しLocal APICを決定する。

2. Logical Destionation Mode

  Logical APIC Idを比較し、Local APICを決定する。このモードでは、次のモデルのいずれを使用する。

2-1. Flat Model

2-2. Cluster Model

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]