グーグル、非営利団体向けのサイト「Google for Non-Profits」を公開

文:Caroline McCarthy(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-03-21 14:11

 慈善団体を対象にGoogleのウェブベースの無償ツール群について教育することを目的としたサイト「Google for Non-Profits」が米国時間3月18日に公開された。

 Google for Non-Profitsは基本的にはGoogleのさまざまなアプリケーションやそれらの使用方法を説明するチュートリアルへのリンク集だが、慈善団体向けの味つけがしてある。YouTubeへのリンクには、「あなたの主義主張を世界最大のオンラインビデオコミュニティーで放送しよう」というキャッチフレーズが付いている。また「Google Groups」には「スタッフやボランティア活動家と簡単に連絡を取って支持者の間での議論を活発化しよう」という提言が記されている。

 しかしGoogle for Non-Profitsのページでは、「Google Grants」プログラムを使用した無償広告、「Google Checkout」サービスによる取引手数料の免除、それぞれのGoogleアプリケーションを使用した成功体験談や推薦の言葉など、非営利団体向けの各種イニシアチブも強調されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]