モジラ、誕生10周年を迎える

文:Anne Dujmovic(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年04月01日 18時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは1998年の3月31日に活動を開始し、ソースコードを初めて一般に公開した。Mozillaからは「Firefox」「Thunderbird」「Bugzilla」などのプロジェクトが誕生した。BugzillaはCNET News.comの多くの編集者(いや実際にはほんの少数かもしれないが)にとって身近な存在である。

 Mozillaは、「トカゲの主任世話係」であるMitchell Baker氏の投稿では次のように要約されている。

 Mozillaはその誕生時から、

  • われわれがブラウザと呼ぶソフトウェアのオープンソースのコードベースである。
  • オープンソースの開発作業をとりまとめて、リードする人々のグループである(「mozilla.org」とも呼ばれるMozilla Organization)。
  • われわれ全員が必要としていたブラウザを構築するためのアイデア(とそこで必要となる多大な作業)に本気で取り組む人々のさらに大規模なグループである。
  • 誰に対しても自分の目的のためにコードを使用できる広範囲な権利を認めるオープンソースライセンス、Mozilla Public License(現在はバージョン1.1)である。
  • ウェブサイトである。
  • マスコットである(オレンジ色のT-rex、または単にトカゲと呼ばれる)。

 Baker氏はさらにこれまでに達成してきたいくつかの成果と将来の展望も列挙している。Mozillaの関係者にとっては3月31日を祝うもう1つの理由があると、CNET News.comの姉妹サイトであるZDNetのMary Jo Foleyは書いている。Forrester Researchによる新しい調査結果によると、Firefoxブラウザの市場シェアは過去1年間で企業ユーザーの間で倍増した。現在のシェアは18%である。

 Forresterは企業ユーザー間でのFirefoxの成功を、「Mozillaの優れた手腕と同じくらいMicrosoftの困難な状況」に原因があると結論づけているようだと、Foley氏は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化