インテル、第1四半期決算を発表--売り上げでアナリスト予想を上回る

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2008年04月16日 10時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間4月15日、2008年第1四半期の決算を発表した。同社のこの業績を見れば技術業界は、世界は終わりに向かっていない、と安心できるはずだ。

 Intelの第1四半期売り上げは97億ドルで、前年同期から9%増加し、金融アナリストの予測をわずかに上回った。純利益は14億ドル(1株あたり25セント)で、フラッシュメモリ価格の低下を受けて下方修正した見通しにほぼ一致した。

 しかし、通常のPCおよびサーバ向けプロセッサ事業を見ると、Intelはかなり好調のようで、同社社長兼最高経営責任者(CEO)のPaul Otellini氏は、声明で、「Intelの第1四半期決算は、当社が中核事業を強化し、世界市場で強固な基盤を築いてきたことをよく物語っている」と述べた。Otellini氏のこの発言は、Intelを技術業界の指標として注視している人々にとって、大きな安心材料となるだろう。

 第1四半期の決算は、ホリデーシーズンの直後であるため、前年の第4四半期に比べて低調にとどまるのが一般的だ。IntelのDigital Enterprise Group(DEG)とMobility Groupは、売上高が前年の第4四半期より減少したが、DEGにおけるプロセッサ売り上げは前年同期と比べると16%増加しており、Mobility Groupのプロセッサ売り上げも前年同期比で12%増加している。DEGはサーバおよびビジネス向けPC用のプロセッサを扱っており、一方のMobility Groupは「Centrino」および「Core 2 Duo」を扱う事業部門だ。

 だが、Intelの第1四半期決算で本当に明るい材料は、2008年第2四半期の業績見通しだ。同社の第2四半期見通しはアナリストの予測を上回り、90億〜96億ドルの売上高を見込んでいて、この範囲の中間点は以前の予測の92億ドルよりも高くなる。第2四半期は通常、チップメーカーにとって売り上げが1年で最も伸び悩む四半期だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化