編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

2007年国内IPコンタクトセンターシステム市場規模は前年比9.6%増--IDC Japan

奥山順子

2008-05-09 12:20

 IDC Japanは5月8日、国内IPコンタクトセンターシステム市場予測を発表した。

 発表によると、2007年のプラットフォーム用サーバーやIP電話機などを含む国内IPコンタクトセンターシステム市場規模は前年比9.6%増の385億円だった。さらに2007〜2012年の年間平均成長率(CAGR)は10.2%で、2012年の市場規模は627億円に達すると予測している。

 同社によると、インフラをIPネットワーク化し、ユニファイドコミュニケーション機能を加えたIPコンタクトセンターシステムはオペレーターや管理者の業務効率を向上させ、企業利益を創造する戦略ツールに変化している。これにともない、セグメント別では「アプリケーション」、「サービス」の成長率が高いと予測している。

 同社のコミュニケーションズリサーチマネージャーの眞鍋敬氏は「IPコンタクトセンター市場が高い成長率を維持するためには、ベンダーおよび販売チャネルは、セキュリティ対策としてのオペレーター用端末のシンクライアント化、NGN対応によるIPビデオ系のマルチメディア化、およびIPコンタクトセンターのプロフィットセンター化対応を進めるべきである」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]