編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、「TouchWall」を披露--あらゆる壁面をコンピュータに

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-05-15 06:52

 手に触れる物すべてを黄金に変える力を持つとされる、ギリシャ神話のミダス王のアプローチとは少し異なるものの、Microsoftの会長であるBill Gates氏は、われわれが手で触れる物すべてをコンピュータに変えたいと願っている。

 ワシントン州レドモンドで開催されたCEO Summitに集まる大勢の人々を前にして、Gates氏は、一般家庭やオフィスの壁面をコンピュータにしてしまうとされるプロトタイプ技術を公開した。

 Microsoftの「Surface」コンピュータが、現在は約1万ドルで出荷されているものの、Gates氏は、新たなプロトタイプ技術を採用するハードウェア製造コストが、それほど高くなることはないと述べた。今後数年以内に、新製品が一般ユーザーの手に行き渡る可能性もある。

 Gates氏は「これは確かに、あらゆる場所に浸透していくだろうと予想している。あらゆる場所にとは、各ユーザーのオフィスであれ、家であれ、リビングルームであれ、まさに至る所にという意味である」と語った。

 Gates氏が米国時間5月14日に公開したのは、「TouchWall」と呼ばれる、4フィート(約1.2m)×6フィート(約1.8m)のプロトタイプ製品。プレゼンテーションが、PowerPointで可能な一種の機械的なスライドショーとは異なったものとなるとのアイデアは、筆者にとって魅力的に感じられた。

 TouchWallと共に、Gates氏は「Plex」として知られる搭載ソフトウェアも公開した。TouchWall本体には、タッチインプットを認識する赤外線およびレーザー技術が採用されていることを、Microsoftは明らかにしている。

 Gates氏は演説の中で、なぜTouchWallが、まだプロトタイプ段階にあるのかを示すことにもなった。

 「いつでも近づいて触れるだけで、このソフトウェアは認識してくれる」と述べながら、Gates氏は、(TouchWallで)デモを開始しようとした。だが、何も起こらなかったため、Gates氏は「理論的には」との修飾語句を加えざるを得なかった。

 TouchWallのスクリーンは、数分後に再び反応するようになった。

TouchWall画像 提供:Microsoft

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]