針で採血せずに血糖値を調査--ジョージタウン大学など3組織が提携

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月19日 11時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョージタウン大学を含む3つの団体が米国時間6月18日、針で採血せずに糖尿病患者の血糖値を調べる方法を開発すべく、手を組んだ。

 これを実現するために用いられるのが(無線のセンサーチップが組み込まれた)使い捨てのスキンパッチ。血糖値をモニタリングし、情報を携帯電話に送信する。そのデータを受けた携帯電話を使って、遠隔地からインスリンポンプを制御できるのではないかと研究者たちは考えている。

 プロジェクトに参加するのは、ジョージタウン大学、Gentag、そして技術開発企業のScience Applications International Corporation(SAIC)。技術研究部門も擁するGentagは、RFIDセンサーに対応した携帯電話向けのリーダープラットフォームを開発。またジョージタウン大学とSAICの研究者たちは国防総省国防高等研究事業局から資金を受け、スキンパッチ技術を開発した。このスキンパッチ技術は当初は、戦場の兵士をモニタリングすることを目的に開発された。

 このたびの契約では、糖尿病患者向けの新アプリケーションを開発するにあたり、それぞれの組織がもつ知的財産を組みあわせることになるという。スキンパッチは24時間にわたり、患者の血糖値を1時間おきに調べ、患者になじみの深い携帯電話にデータを送信することが可能である。緊急時に備え、携帯電話はジオロケーション技術を備えるという。

 Gentagの社長John Peeters氏は声明で「この新しい、無線血糖値センサー技術は、痛みもなく、処分も簡単。世界の糖尿病治療を大きく改善するだろう」と述べる。

 このたびの発表では、技術の具体的なローンチ時期は明らかにされなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算