ノキアがSymbian OSをオープンソース化--モバイルLinuxに与える影響

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月25日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NokiaがSymbian OSに関するすべての権利を取得し、Eclipseライセンスの下でそれをオープンソース化する。これは、2008年最大のニュースの1つだ。これにより、モバイルLinuxの必要性は一挙に薄れた。

 Symbianは長年、モバイルOS市場で圧倒的シェアを占め、現在のシェアは60%に上る。Nokiaは最近、Linuxに手を出していたが、今回Symbianの権利を取得したことで、今後は再びSymbianに重点を移すだろう。

 実際、今回のNokiaの動きは、モバイル業界に広がりつつあるLinux重視の流れを完全に覆す可能性がある。Glyn Moody氏も指摘する通り、開発者らはすでにSymbianを知っており、彼らはGoogleのAndroidや他のモバイルLinuxプラットフォームなど、Symbianの競合プラットフォームには移行せず、Symbianへの取り組みを一層強化する可能性が高い。

 果たしてこれは悪いことだろうか。私はそうは思わない。(Symbianは)Linuxではない。モバイルにとってそれこそが重要なのだ。しかも、Symbianはオープンソースになる。ともにオープンソースであるSymbianとLinuxのどちらを使用しても、開発者らは、透明性、柔軟性、コミュニティというオープンソースのメリットを同じように享受できる。

 とは言うものの、今後もモバイルLinuxをめぐるかなりの量の活動を目にすることになるだろう。仮にそれが、サーバやデスクトップで使用しているのと同じOSをモバイル開発でも使用すれば多くの利点があるからというだけの理由だとしてもだ。デスクトップやサーバでLinuxを使用している企業にとっては、SymbianよりもモバイルLinuxの方が導入しやすいだろう。Symbianはモバイル市場でしか使用されていないため、この点でのメリットは少ない。

 しかし、たとえそうだとしても、Nokiaの今回の大胆な行動は、モバイル市場に大きな競争をもたらし、オープンソースに次に支配するための大型市場を残すことになるだろう。それは、デスクトップ市場だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化