編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

トヨタ、ソーラーパネルを装着した「プリウス」を計画

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-07-07 15:15

 トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」の次世代版で、屋根に発電パネルを装着した機種を計画中という。7月7日付の日本経済新聞が報じている。

  MarketWatchが報じた日経の記事によると、ソーラーパネルは同ハイブリッド車の高価格版に装着される予定で、このパネルを利用して、空調に必要な電力2〜5キロワットの一部が供給される仕組みという。早ければ2009年春にも登場する見込みとのことだ。発電パネルは、京セラのものを利用するようだ。

 トヨタ自動車はこれにより、量産車に太陽光発電システムを搭載する最初の大手自動車会社となる。

 プリウスは1997年に登場し、世界ベースの累計販売台数は100万台に達している。2003年にデザインを一新し、まもなく第3世代が登場する予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]