編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「HyperCard」のような「TileStack」、「iPhone」版が登場

文:Josh Lowensohn(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-07-31 14:49

 先の「TileStack」サービスに関するニュースでは、「iPhone」用に最適化されたバージョンがまもなく登場すると報道したが、米国時間7月29日、iPhone版TileStackがリリースされた。なかなかすばらしいウェブアプリケーションだ。iPhoneのネイティブアプリケーションについていろいろ言われているが、iPhoneのプラットフォームは「Safari」であるということは忘れられがちであり、TileStackはまだやれることがあることを示す好例となっている。

 TileStackでは、保存されているすべてのTileStackにアクセスし、小さなミニアプリケーションのように使うことができる。自分のスタックにアクセスし、編集できる。編集された内容は、次にiPhoneからアクセスしたときや、いつものコンピュータからアクセスしたときに反映される。また、他の人たちのスタックを見て回り、アクセスすることもできる。まさにシンプルだ。

 ただし、標準のウェブ版にある完全な編集、作成環境は用意されていないため、iPhoneから新しいスタックを作成することはできない。このような欠点は、iPhone、「iPod touch」のネイティブアプリケーション以外ではあまり見られないものだ。

 TileStackは今のところプライベートベータ版で提供されているため、利用するには登録が必要だ。今のところ、以下の動画でTileStackの動作をチェックできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]