編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロン テクノロジー、256Gバイトの大容量SSD発表

文:Brooke Crothers(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-08-06 17:55

 Micron Technologyは米国時間8月5日、最大容量256Gバイトのソリッドステートドライブ(SSD)を第4四半期に出荷することを発表した。1Gバイト当たりの価格は既存ドライブの3分の1になるという。

 Micronの「RealSSD」製品はエンタープライズ、ノートPCの両市場をターゲットにしており、ノートPC向けドライブは大幅に値下げされている。IntelとMicronはフラッシュメモリの共同製造で提携しており、同社の大容量SSD市場への参入は、2008年内にIntelによるSSD発表があるのではないかと予感させる。

 エンタープライズ向けの「P200」ドライブにはシングルレベルセル(SLC)テクノロジが使われている。一方、それよりも低価格な個人ユーザー向けの「C200」ドライブはマルチレベルセル(MLC)がベースになっている。MLCでは、より容量の大きいドライブを低価格で製造できるが、SLCほど高速でなく、本質的に信頼性もSLCほどではない。SLCのソリッドステートドライブは現在、Apple の「MacBook Air」「ThinkPad X300」などのノートPCで使われているが、ほとんどの場合、将来のノートPCモデルではMLCドライブに置き換えられる見込みだ。

 MLCテクノロジをベースにしたRealSSD C200ドライブには、2.5インチ、1.8インチモデルが用意される。2.5インチモデルの容量は最大256Gバイトで、現在の主力ノートPCのハードディスクドライブの容量に匹敵する。一方、1.8インチC200の容量は記録密度の差で32〜128Gバイトの範囲になると、Micronは述べている。

 現在、市販されている多くのSSDには、より低速なパラレルATA(PATA)インターフェースが搭載されているが、これまでの多くのSSDと一線を画するC200には、毎秒3Gビットの高速シリアルATA(SATA)インターフェースが搭載される。C200の読み取り速度は最高で毎秒250Mバイト、書き込み速度は最高で毎秒100Mバイトになると、Micronは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]