トレンド、企業内で未知の脅威を可視化・処理するソリューションを発表

田中好伸(編集部) 2008年08月20日 22時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは8月20日、企業内ネットワークに潜在的に存在する不正プログラム(マルウェア)を検知するとともに感染マシンを復旧させることなどを目的にしたソリューション「Trend Micro Threat Managemet Solution」を発表した。

 今回のThreat Managemet Solutionは、企業内ネットワークに潜在する可能性のあるマルウェアを検知するためのソリューションである「Trend Micro Threat Discovery Suite」と、検知されたマルウェアを追跡調査するとともに、それらを復旧処理するためのソリューションである「Trend Micro Threat Mitigration Suite」から構成される。Threat Discovery Suiteは9月1日から発売が開始されるが、Threat Mitigration Suiteは11月初旬に発売が予定されている。

 Threat Discovery Suiteは、未知のマルウェアを検知するためのアプライアンスである「Trend Micro Threat Discovery Appliance」(TDA)と、検知されたマルウェアをトレンドマイクロの地域特化型研究施設であるリージョナルトレンドラボで分析し、結果を報告するなどのサービスである「Trend Micro Threat Management Services」からなる。

 企業内ネットワークの潜在的なマルウェアを検知するハードウェアであるTDAは、トレンドマイクロの検索エンジン/パターンファイルと、ネットワーク上での振る舞い検知技術を併用することで、既知のマルウェアと未知のマルウェアを識別することができ、未知のマルウェアに感染したクライアントPCを特定することができる。TDAで検知されたマルウェアは、リージョナルトレンドラボに送られ、ウェブレピュテーション(評価)やメールレピュテーションなどの技術を活用して解析される。解析された結果は、ユーザー企業のシステム管理者向けに日次報告書として、経営層向けに月次報告書として提供される。

 一方のThreat Mitigration Suiteは、未知のマルウェアに感染したクライアントPCを処置するためのサーバソフトである「Trend Micro Threat Mitigator」と、クライアントPC用エージェントソフトである「Trend Micro Threat Management Agent」から構成される予定だ。Threat Mitigatorは、TDAで特定されたクライアントPCの自動復旧をThreat Management Agentとともに展開することになる。この時の処理では、マルウェアがインターネット上から別のマルウェアをダウンロードして被害を拡大させるという事態を防ぐために、マルウェアに感染した根本となる原因の特定材料を収集することも行われることになる。

 トレンドマイクロのソリューションビジネス推進室室長の新井一人氏はThreat Managemet Solutionについて、「トレンドマイクロ製品を利用しているかどうかにかかわらず、さまざまなウイルス対策製品との共存することができる」としている。

 「従来のウイルス対策製品は“ポイントポイント”の対応だったが、今回のThreat Managemet Solutionは、異なる」(新井氏)

 従来のウイルス対策製品は、解析済みのマルウェアを検出対象として、マルウェアの特徴をとらえた確実な検知方法を採っている。また、検知後の対処方法は、駆除や隔離など製品ごとの確実な対処となっている。監視対象もクライアントPCやサーバ、ゲートウェイなどであり、個別のポイントを狙っており、いわば「指名手配の犯人を捕まえるようでもある」(同氏)。

 これに対して、Threat Managemet Solutionの場合、解析が終わる前のマルウェアを対象に、疑わしい挙動をするプログラムを検知する。対処は、クライアントPC内にあるThreat Management Agentが行う。そして対応範囲は社内ネットワーク全体であり、「面としてとらえている」(同氏)。つまり「指名手配ではなく、痴漢やスリなどの現行犯を見つけて対処する」(同氏)という。

 9月1日から発売されるThreat Discovery Suiteの税別価格は、TDAが1台480万円、Threat Management Servicesが501〜1000ユーザーで385万8000円となっている。トレンドマイクロでは、Threat Managemet Solutionの販売目標を今後1年間で2億円としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算