編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東芝、業界最大記憶容量240Gバイトの1.8型HDDを発表

文:Dong Ngo(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦

2008-09-11 11:44

 東芝は日本時間9月10日、2種類の1.8インチ(1.8型)ハードディスクドライブ(HDD)を発表した。シングルプラッタモデルの「MKxx31GAL」シリーズと、デュアルプラッタモデルで1.8型としては世界初となる240Gバイトの記憶容量を持つ「MK2431GAH」の2種類で、シングルプラッタモデルのシリーズには、120Gバイトの「MK1231GAL」と、80Gバイトの「MK8031GAL」がある。

 一般に、1.8型のHDDはスモールフォームファクタのポータブルHDDに分類される。ただしこの分野の標準サイズは2.5インチで、1.8型は主に携帯型メディアプレーヤーやビデオカメラ、および超小型のモバイルPCに使用されている。

 東芝の新しい2種類のHDDは、インターフェースにパラレルATA(PATA)を採用し、120Gバイトおよび240Gバイトモデルについては1平方インチあたり344Gビットという業界最大の面記録密度を実現している。また、記録方式には、2005年に初導入され、現在第4世代にあたる垂直磁気記録技術が使われている。

 新しい1.8型のHDDシリーズは、機構およびファームウェアについても設計を一新し、耐久性を向上させるとともに、PCの内蔵HDDとしての用途だけでなく、薄型のモバイル機器にも非常に適したモデルとなっている。特に240Gバイトのデュアルプラッタモデルは、軽量のモバイルPCやハイエンドのデジタルビデオカメラに適している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]