編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インテル、「Atom」初のデュアルコアプロセッサを間もなく出荷開始

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、高森郁哉

2008-09-22 12:26

 シングルコアの「Atom」は終わりとなるか、少なくとも1つのバージョンのみとなる。Intelが、Atomプロセッサ初のデュアルコアバージョンの出荷を開始すると発表したからだ。

 Intelによると、この新プロセッサ「Atom 330」の顧客向け価格情報とデータシートは、米国時間9月22日に提供される予定だという。

 Intelは、2008年8月に開催した「Intel Developer Forum」で、デュアルコアのチップを9月に出荷することを表明していた。

 電力効率にすぐれたこのプロセッサは、「ネットトップ」と呼ばれるAtomベースのデスクトップPC向けとされている。Intelは現在、このカテゴリの小型デスクトップPC向けとして、シングルコアの「Atom N230」プロセッサを提供している。

 新チップの電力設計枠は8ワットで、シングルコアのAtomプロセッサ、N230の4ワットより高くなる。一方で、「Eee PC」やAcerの「Aspire」といったモバイルPCに搭載されているAtomプロセッサの場合、熱設計枠は2ワットだ。

 その他の仕様としては、コアクロック速度が1.6GHz、レベル2キャッシュが1MBで、DDR2 667MHzメモリをサポートしている。

 Intelによれば、新しいチップは「Intel 945GC Express Chipset」(グラフィックス機能を内蔵する)にパッケージされるか、マザーボード「Little Falls2」の一部として出荷されるという。

 「これはネットブック用ではない」と、Intelの広報担当者は注意を促している。

 しかし、この警告をよそに、コンピュータメーカー各社はこのチップを自分たちの好きなように利用するだろう。一部のメーカーは、このチップをネットブックやノートPCに組み込もうとするかもしれない。そうしたくなる理由の1つは、8ワットの熱設計枠にある。メインストリームのIntelベースのノートPCでは35ワットの電力設計枠が標準であることから考えれば、これははるかに低い値だ。

 もう1つの理由は価格だ。1000個出荷時の単価で40ドルという値段は、デュアルコアのIntelプロセッサでは最安となる。

 英国に本拠を置くPCサプライヤー、Tranquil PCはすでに、Atom 330を搭載したホームサーバの先行予約を開始している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]