セキュリティに脳天気な企業ほど被害が少ないワケ--牧野弁護士が語る

小山安博 2008年10月22日 21時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コンプライアンスをやると不況になるという人もいるが、考え直して欲しい」――ITに詳しい弁護士の牧野二郎氏は、Kaspersky Labs Japanとディスコが主催したパネルディスカッションの席上でこう語り、コンプライアンスを含めた企業のセキュリティ対策を強く求めた。

機密情報の流出元は企業環境ではない

弁護士の牧野二郎氏 弁護士の牧野二郎氏

 牧野氏によれば、企業に対して情報セキュリティのアンケート調査を実施すると、「8割ぐらいがセキュリティ対策をしている」と回答するという。しかし、牧野氏は、企業のデータは自宅作業などのために「(従業員の)自宅や個人PCに滞留」しているのが現状であり、そうしたPCは「セキュリティ対策がほとんどされていない」ことが多いと指摘している。

 現在も企業の機密情報がファイル共有ネットワーク上に多数存在しているが、上の論で行けば企業はセキュリティ対策済み。「Winnyのウイルス感染は本来であれば少ないはず」なのが企業のIT環境だ。

 そのため牧野氏は、「データが個人のPCにあり」「Winnyを利用し」「セキュリティ対策をしていない」という3つの原因が元になって、機密情報の漏えいが発生していると指摘する。

 また、牧野氏は大容量化によって利便性が向上したUSBメモリ経由でのウイルス感染が増えている現状も指摘しつつ、「数値に表れない危険な実態がある」ことも強調している。

被害に気づかずに食い物にされる企業

 「セキュリティ意識が高くて、教育、啓発をきちんとしており、対策も行っている企業の方が被害が多い」と牧野氏はいう。それに対して、「(根拠もなく)自社は安全だと言っている企業の方が被害は少ない」のが現状だ。

 これは、きちんと対策をしている企業は被害にあった場合にそれを把握でき、きちんと報告も行われるからであり、「脳天気」(牧野氏)な企業は被害にも気づかず、報告もされないから被害件数としてカウントされない、ということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化