シマンテック、世界規模のレイオフを実施へ

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-10-31 15:52

 Symantecは、景気の停滞に伴うコスト削減策の一環として、2008年末までに従業員のレイオフを実施する見通しである。レイオフの規模は不明。同社広報担当者が米国時間10月30日に明らかにした。

 広報担当のCris Paden氏によると、同社は人件費で4.5%のコスト削減を計画しており、この目標を達成するのに必要な人員削減を行う予定だという。Symantecが29日に発表した今後の業績見通しは、アナリスト予想を下回っていた。

 Paden氏は、レイオフの対象となる従業員数は分からないとしながらも、レイオフは世界規模で実施され、地域によって変化する予定で、特定の事業部門が対象ではないと語った。

 Paden氏は、「われわれは、(コスト削減の)明確な目標数字を設定している。この目標を達成するためにあらゆる手段を講じる」とし、さらに「現在の経済環境の不透明さに鑑みて」Symantecの財務の健全性維持を目指すと付け加えた。

 Paden氏によると、Symantecは11月中に従業員に通知し始める予定だという。

 またPaden氏は、今回の動きはSymantecが1年ほど前に開始した(コスト削減に関する)取り組みとは無関係としている一方で、同社はEDSへのIT運用の委託を進行中であると語った。

 人件費には、全世界で1万7500人に及ぶSymantec従業員の給料、ボーナス、各種手当が含まれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]