編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Canonical、ARMベースのネットブック向けUbuntuを開発へ

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部

2008-11-14 16:01

 Canonicalは現地時間11月13日、同社のLinuxデスクトップオペレーティングシステム(OS)「Ubuntu」の新版として、ARMの「Cortex-A8」「Cortex-A9」プロセッサアーキテクチャ専用バージョンを開発すると発表した。

 従来、ARMベースのプロセッサは、携帯電話などの小型端末に使用されてきた。しかし、10月に、ARMの技術が間もなく「ネットブック」と呼ばれる新しいタイプの小型、低価格ノートPCに導入されることが明らかになった。またCanonicalも6月に、Ubuntuのネットブック版を開発する発表している。Canonicalの13日の発表の背景には、これらの事情がある。

 ARMのマーケティング担当バイスプレジデントIan Drew氏は声明で、「最新のARM技術をサポートしたUbuntuデスクトップディストリビューションの完全版がリリースされれば、いつでもどこでもインターネットが利用可能な超小型端末が開発され、発展に貢献する」と述べ、さらに「Canonicalとの連携により、接続されたすべてのプラットフォーム向けの新機能の開発や技術革新への道が開ける」と付け加えた。

 Drew氏は13日に行われたZDNet UKのインタビューの中で、ARMとCanonicalの協力は、ドライバやグラフィックスサポートといった分野にまで及ぶと語った。同氏は「Ubuntuをある命令セット(x86)から別の命令セットに移行させる」と述べた上で、「インターネットをどこでも利用可能にすることがわれわれの目標であり、これもその一環だ」と語った。

 これまでに発売されたネットブックにはOSとしてWindowsかLinuxのどちらかが搭載されてきた。これまでに出されたいくつかのレポートを見ると、Linuxベースのネットブックの返品率は(Windowsベースのネットブックに比べて)著しく高いと書かれている。この原因についてCanonicalは、オープンソースOSが本質的に劣っているからではなく、消費者がLinuxになじみがないためだと指摘する。

 Canonicalの最高執行責任者(COO)Jane Silber氏は、ARMとの提携はCanonicalにとってUbuntuを普及させるチャンスだと強調する。

 Silber氏は「これはUbuntuにとって自然な成り行きだ。メーカーの間で(Ubuntuの)ARM技術を基礎としたバージョンに対する需要が高まれば、Ubuntuはさらに普及する」とし、さらに次のように続けた。「ARMプラットフォーム上で開発に取り組んでいるフリーソフトウェア開発者の巨大なコミュニティに参加することにより、ARMのエコシステムに、完全な機能を備え、最適化されたUbuntuディストリビューションを確実に提供できる。それにより、自分のデジタルライフスタイルに最適なOSを探している消費者の選択肢が拡大することになる」

 ARMとCanonicalによると、デスクトップPCとネットブック向けUbuntu ARMディストリビューションの正式なリリースは2009年4月だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]