編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NVIDIA、「GeForce 9400M」チップセットで「Atom」に対応

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-12-18 07:09

 Appleとの関係を深めたNVIDIAは、次に「Netbook」を狙っている。

 NVIDIAは米国時間12月17日、「Ion」という開発コードネームの「GeForce 9400M」を使ったNetbookおよび小型デスクトップPC向けプラットフォームを発表した。すでにNVIDIAは、優れたグラフィックス性能を武器にして、Appleの「MacBook」で、Intelのシリコンから、同社製GPUの採用への切り替えを実現しているが、再び別の分野で、この変革を起こそうと考えている。

 今回のNVIDIAの狙いは、「Atom」プロセッサをサポートするIntelのシリコンに取って代わることにある。現在のところ、Acer、ASUSTeK Computer、Hewlett-Packard(HP)、Dellなどの企業が製造するNetbookには、Atomおよび対応するIntelのシリコンから成るチップセットが採用されている。

 NVIDIAは、グラフィックス性能曲線の分野では、常にIntelよりも前に立ってきた。グラフィックスチップ市場を調査するJon Peddie Research(JPR)のJon Peddie氏は、「NVIDIAには、確かに優れたグラフィックスがあり、これこそがIntelに二重の不安をあおるものとなっている」と述べた。

 「最初に、NVIDIAはIntelと競合しており、次に、(NVIDIAの製品により)Netbookメーカーは、薄型で軽量というNetbookのセグメントにありながら、より大画面のNetbookの製造へと着手可能となって、結果として、Intelのより大きなモバイルCPUのシェアを奪う可能性があるからだ」と、Peddie氏は語っている。

 要するに、NVIDIAは、PCが持つようなパフォーマンスを十分に引き出すことのできるNetbookの実現を狙っているのだ。NVIDIAの製品ラインマネージャーであるDavid Ragones氏は「Atomがベースとなるプラットフォームにて、われわれが実現したいものは、真のビジュアルコンピューティングである。たとえば、Blu-ray Discの動画再生で実現する高画質(HD)ビデオは、現時点では、CPUではなくGPUを活用して可能となっており、GPUによって、非常にスムーズなエクスペリエンスを楽しめるようになっている」と、先週行われたインタビューで語った。

 ちなみにNVIDIAは当初、Via Technologiesの製品を活用し、Netbook市場へと参入する計画を4月に発表していたものの、後にその計画を断念するに至っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]