編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シーゲイト製HDDにアクセス不能になる問題が判明

文:Colin Barker (ZDNet.co.uk) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子

2009-01-20 13:00

 Seagate Technologyは米国時間1月16日、同社のHDDシリーズ「Seagate Barracuda」と「Maxtor DiamondMax」の最近のモデルに問題があったことを明らかにした。この問題の影響を受けると、ユーザーはディスク上のどのデータにもアクセスできなくなり、搭載コンピュータからディスクが認識できなくなるという。

 Seagateは、同社のウェブサイトのサポートページのFAQに掲載された声明でこの問題を認め、「(略)多くのSeagate製HDDが、ホストシステムの電源を入れたときにアクセス不能になる可能性がある」と述べている。

 対象となるHDDは、「Seagate Barracuda 7200.11」の容量160Gバイトから1.5テラバイトのモデル、「Maxtor DiamondMax 22」、および「Seagate Barracuda ES.2」のSATAインターフェースだ。

 HDDが影響を受けると、「ユーザーはデータにアクセスできなくなるものの、データが削除されることはない」とFAQには書かれている。Seagateによれば、原因はHDDのファームウェアにあった問題で、「2008年12月に製造されたこれらHDDファミリーの製品に影響が及んでいる」という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]