編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップル、「Snow Leopard」で位置情報とマルチタッチ向け開発ツールを提供か--米報道

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-02-06 10:35

 Appleが次期OSである「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」で、位置情報およびマルチタッチ向け開発ツールを提供する準備を進めているという。AppleInsiderが報じた。

 AppleInsiderによると、位置情報向けツールは、iPhone向けソフトウェア開発キット(SDK)と同様に「CoreLocation」フレームワークなどが利用可能になるという。CoreLocationは、Macのネットワーキングハードウェアと連携して機能し、GPSと同等のエクスペリエンスを提供する。

 Appleの次期OSであるSnow Leopardはまた、「MacBook」や「MacBook Pro」におけるアプリケーションのマルチタッチ機能を最大限に活用する手段として、Cocoaベースのプログラミングインターフェースを提供する予定だとAppleInsiderは言及している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]