冗長な英文を避けるための10+の方法--上級者編

文:Calvin Sun(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2009年02月24日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 文章を簡素化することで、伝えたい内容をより明確かつ説得力のあるものにすることができる。本記事では、回りくどい表現を避けることで、文章をすっきりとさせ、読み手により強く訴えかけられるようにする方法を、実例を交えて紹介する。

 あなたの書く文章は冗長なものとなってはいないだろうか?もしそうであれば、あなたは自らの時間と、読み手の時間を無駄にしてしまっていることになる。また、自らの文章を説得力に欠けた、印象の薄いものにしてしまっていることにもなる。以下に、冗長な文章と、その改善例を挙げているので、参考にしてほしい。

#1:"There are/is [名詞][関係代名詞][動詞] …"

 "There are/is"と[関係代名詞]を取り去ると、この文章は、[名詞][動詞]となる。

例:"There are some people who believe the movie is great."
   (その映画が素晴らしいと思っている人々も何人かいる。)

改善例:"Some people believe the movie is great."
     (一部の人々はその映画が素晴らしいと思っている。)

#2:"It is [形容詞] that …"

 "It is"を取り去り、[形容詞]を副詞に変える。

例1:"It is clear that the system has a problem."
   (そのシステムに問題があるということは明らかである。)

改善例1:"Clearly, the system has a problem."
     (明らかに、そのシステムには問題がある。)

例2:"It is obvious that the manager should resign."
   (そのマネージャーが辞職すべきであるということはもちろんである。)

改善例2:"Obviously, the manager should resign."
     (もちろん、そのマネージャーは辞職すべきである。)

#3:"very"や"extremely"

 こういった単語は使わないようにする。こういった単語を使うことで、文章のインパクトが弱くなってしまうのだ。

例1:"Proper planning is very vital to project success."
   (適切な計画はプロジェクトの成功にとって、とても欠かせないものとなっている。)

改善例1:"Proper planning is vital to project success."
     (適切な計画はプロジェクトの成功に欠かせないものとなっている。)

例2:"Lack of preparation was a very critical factor in his poor performance."
   (準備不足が彼の成績不振の非常に大きな要因だった。)

改善例2:"Lack of preparation was a critical factor in his poor performance."
     (準備不足が彼の成績不振の大きな要因だった。)

#4:"Given the fact that …"や"In light of the fact that …"

 いずれの場合も、代わりに"Because"を使う。

例:"In light of the fact that the project was cancelled, we're considering staff reductions."
   (そのプロジェクトが中止されたという事実に基づき、われわれは人員削減を検討している。)

改善例:"Because the project was cancelled, we're considering staff reductions."
     (そのプロジェクトが中止されたため、われわれは人員削減を検討している。)

注意:時間を表す場合にも使用される"since"を"because"の同意語として使用する際には注意が必要である。"since"が原因と結果ではなく時間を表す例として、"Since you arrived, I have gotten better."(あなたが到着して以来、私は快方に向かうことになった)という文を挙げることができる。この文は、あなたが来てくれた後で私の状態が良くなったということを意味しているのであり、あなたが来てくれた結果として私の状態が良くなったということを意味しているわけではないのである。

#5:"in the month of [月] …"

 "in the month of"を取り去るだけで、意味を変えずに単語数を4つ減らすことができる。

例:"Testing will begin in the month of May."
   (テストは時期的には5月に開始される。)

改善例:"Testing will begin in May."
     (テストは5月に開始される。)

 とは言うものの、"city of New York"や"city of Los Angeles"は、似た名前の州や郡と区別するために、そう記述する必要があるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算