編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アドビ、「Flash」脆弱性に対処

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-02-26 12:36

 Adobe Systemsは、攻撃者にコンピュータの遠隔制御を許す恐れのある「Flash Player」の脆弱性に対するパッチをリリースした。

 Adobeは警告の中で、同脆弱性の影響を受けるのは「Adobe Flash Player 10.0.12.36」およびそれ以前のバージョンであると述べた。

 セキュリティ企業iDefenseの警告によると、この脆弱性を悪用するには、ソーシャルエンジニアリングや、信頼されているウェブサイトに悪質なコンテンツを挿入するという手法により、標的になったユーザーに悪質なShockwave Flashファイルをロードさせる必要があるという。

 「Internet Explorer」や「Firefox」のプラグインにより、Flashコンテンツを一時的に許可および遮断することが可能だと、iDefenseは述べている。

 AdobeがこのFlashの脆弱性について発表していた間に、「Adobe Reader 9」と「Acrobat 9」の脆弱性に関する情報も先週明らかになった。こちらのパッチは米国時間3月11日までにリリース予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]