編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップル、「Xserve」をアップデート--最新「Xeon」プロセッサを搭載

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉

2009-04-08 09:46

 Appleは米国時間4月7日、Intel製のサーバ向け最新プロセッサを追加した「Xserve」サーバのアップデート版を発表した。

 Xserveは、Appleの製品ラインの中で最も宣伝に力が入っていないかもしれない。だが同社は、教育分野とクリエイティブ業界に、組織内のシステムを「Mac OS X」環境で統一したいと望む一定の顧客を抱えている。さらに、サーバ分野で競合するIBMからMark Papermaster氏が移籍する際にいくつか問題が生じたとはいえ、XserveはなおAppleの売り上げの一部を担っている。Papermaster氏は近く、「iPod」および「iPhone」部門の責任者に就任する予定だ。

 新たなモデルは、Intelのクアッドコアプロセッサ「Xeon」(2.26GHz)を1つか2つ搭載するオプションとともに、3GバイトのRAMを備える。標準モデルの価格は、シングルプロセッサ構成で2999ドルからとなっている。いくつかの構成オプションが提供され、最上位では2.93GHzのXeonプロセッサにアップグレードできる。

「Xserve」サーバのアップデート版 「Xserve」サーバのアップデート版
提供:Apple

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]