「Conficker」ワーム、活動を開始--PtoPによるアップデートでペイロードを投下

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年04月09日 15時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Conficker」ワームがついに活動を開始した。トレンドマイクロが米国時間4月8日に明らかにしたところによると、感染したコンピュータ間におけるPtoP経由のやり取りでアップデートが行われるとともに、謎のペイロードが投下されているという。

 トレンドマイクロのセキュリティ教育担当グローバルディレクターであるDavid Perry氏によると、感染しているコンピュータに送り込まれているソフトウェアのコードをリサーチャーらが解析中であるものの、キーロガーか、コンピュータ上の機密情報を盗むための何らかのプログラムではないかと考えられるという。

 トレンドマイクロによると、このソフトウェアは、rootkitの陰に隠れた「.sys」コンポーネントであるようだという。rootkitとは一般に、コンピュータへの侵入を隠蔽するために作られたソフトウェアである。このソフトウェアは厳重に暗号化されており、コードの解析が困難であると、リサーチャーらは述べている。

 TrendLabsのMalware Blogによると、同ワームはコンピュータがインターネットに接続されているかどうかを判断するためにMySpace.comやMSN.com、eBay.com、CNN.com、AOL.comに接続を試み、ホストマシンにおける自らの痕跡をすべて削除してから、5月3日に活動を停止するよう設定されているという。

 トレンドマイクロのアドバンストスレットリサーチャーであるPaul Ferguson氏によると、感染しているコンピュータは、新たなコンポーネントを1度に取得するのではなく、少しずつ取得するようになっているため、そのコンピュータでウェブサイトを閲覧していても気が付かないという。

 Perry氏は「(このワームは)5月3日を過ぎると活動を停止し、複製を作らなくなる」と述べている。しかし同氏は、感染しているコンピュータが遠隔地からコントロールされ、何か他のことをさせられる可能性も残っていると述べている。

 トレンドマイクロのリサーチャーらは7日夜、WindowsのTempフォルダに新しいファイルが作成されており、韓国に存在が確認されているConfickerのPtoPが使用するIPノードから、暗号化された巨大なTCPパケットが送信されていることに気付いた。

 TrendLabsのMalware Blogには、「予想通り、アップデートにはHTTPではなく、Downad/Confickerボットネット用のPtoP通信が使われたと思われる。Conficker/DownadのPtoP通信は現在、非常に活発に行われている!」と書かれている。

 トレンドマイクロのセキュリティリサーチャーであるRik Ferguson氏による別のブログへの投稿によると、新たな伝播機能の追加に加えて、ConfickerはWaledacファミリのマルウェアや、そのStormボットネットに関連があるサーバとも通信を行うという。

 リサーチャーらによると、Confickerワームは、既知のWaledacドメインにアクセスし、暗号化されている他のファイルをダウンロードしようとするという。

 Conficker.Cは、4月1日に活動を開始するようにプログラムされていたにもかかわらず、実際に目立った活動を行うことはなかった。Perry氏によると、300万〜1200万のコンピュータが感染しているという。

 リサーチャーらは当初、Confickerワームの新しい亜種を発見したと考えていたものの、現時点において、これは同ワームの単なる新しいコンポーネントに過ぎないと確信している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算