編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

「Gumblar」攻撃、いまだに沈静化せず--ScanSafe報告

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-06-01 18:07

 セキュリティ企業のScanSafeは現地時間5月28日、ウェブサイトを攻撃する「Gumblar」が新しいドメイン名を複数追加しているとして、注意を呼びかけた。ScanSafeによると、Gumblarはこれらドメインから無防備なコンピュータにマルウェアをダウンロードさせ、より多くのサイトを攻撃するためにFTP認証情報を盗み、ウェブトラフィックを改ざんするという。

 Gumblarの攻撃は2009年3月に開始され、ウェブサイトがセキュリティ侵害を受け、攻撃コードがサイト内に埋め込まれた。ウェブサイトに埋め込まれたマルウェアは、ロシアとラトビアのIPアドレスを持つ中国のドメイン「gumblar.cn」から配布されており、ScanSafeは5月中旬、これらのIPアドレスは英国にあるサーバからコードを配信していることを報告していた。

 ウェブサイトの運営者がマルウェアの除去を開始したことを受け、攻撃者はオリジナルの悪質なコードに代わって、動的に生成され、高度に難読化されたJavaScriptを利用するようになった。このため、セキュリティツールによる検出が難しくなっている。また、攻撃者はドメインを「martuz.cn」に変更したが、gumblar.cnとmartuz.cnは現在、両方とも閉鎖されているとScanSafeは報告している。

 ScanSafeのシニアセキュリティリサーチャーのMary Landesman氏は5月29日、攻撃者は攻撃したウェブサイトをホスティングするサーバ設定を変更したため、引き続きサーバを操ることが可能で、これらウェブサイトを訪問したユーザーのコンピュータに攻撃コードをダウンロードさせるドメインの追加を続けることも可能であると述べた。「ある時点で、(ウェブサイトへの)これらの攻撃が開始されるだろう」とLandesman氏は述べている。

 Landesman氏はまた、Gumblarは2種類のボットネット(攻撃を受けたウェブサイトによるボットネットと、感染したPCによるボットネット)を同時に構築しているとも述べた。

 攻撃されたウェブサイトを訪問すると、ユーザーがJavaScriptを有効にしている場合、PCは感染してボットネットに加わることになるとLandesman氏は言う。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]