編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

自意識過剰なシステム屋の気持ちを満たすために

飯田哲夫(電通国際情報サービス)

2009-07-06 18:00

テクノロジーなんて二の次

 我々が良く遭遇するシチュエーションとして、ある業務システムのユーザーが、自分の使っているシステムのことを良く知らない、というのがある。つまり、誰の開発した何というシステムを使って業務を行っているのかが判らないということである。これは、ユーザーの目的がシステムを利用することではなく、業務を遂行することにあるためで、それを支援するシステムを明示的に意識する必要はないからである。しかし、このようなユーザーとの会話の中で、自分の開発したシステムも明示的には意識されていないことを発見したりすると、ちょっと悲しいものである。

 こんなこともあった。とある業務システムでレガシーからRIAへアーキテクチャの更改を行おうとした際、ユーザーの要望はとにかくユーザーインターフェースをこれまでと一切変えないこと、であった。つまり、ユーザーインターフェースを「リッチ」にする必要性は全くなく、ユーザーが使い慣れている画面をそのままRIAで再現してほしいという。つまり、ユーザーにしてみれば、業務課題を解決してくれるのであれば、システムが何であろうが、テクノロジーが何であろうが関係ないのである。

ブラウザでも状況は同じ

 これは、熾烈を極めるブラウザ戦争でも同様らしい。TechCrunchが最新のブラウザシェアを発表している。ブラウザの提供側からするとブラウザシェアというのは顧客囲い込みの観点からは無視することができないし、Googleが「Google Chrome」を投入するなど市場そのものの変化も続いている。ウェブアプリケーションを開発する際も、どのブラウザのどのバージョンをサポートするか、というのは頭の痛い問題である。

 しかし、このTechCrunchの記事で紹介されているGoogle社員によるインタビュービデオは、ユーザーがどのブラウザを使っているのか気にしていない、いやむしろ、ブラウザそのものの存在すら気にかけていないことを明らかにする。つまり、一般的な消費者は、検索エンジンをより意識していて、どのブラウザを利用しているかはほとんど気にしていない。我々は何かをウェブ上で探したいのであってブラウザを使うことが目的ではないということだ。当然と言えば当然だが、作り手側からすると、そこまで無視されているとは……となる。

システムが意識されなくなるプロセス

 とはいえ、どんなシステムであっても、導入当初、使い始めた時は、良かれ悪しかれユーザーに意識される。それは、単に画面デザインが変わったからかもしれないし、処理速度が速くなったからかもしれない。逆に使い勝手が悪くなっても、それはそれで意識されることとなる。

 しかし、本来、ユーザーの目的はシステムの利用ではなく、業務課題の解決であるから、そのシステムを利用することはユーザーの日常に組み込まれ、「昨日はランチどこで食べたっけ」と同じくらいに「このシステムは誰が作ったんだっけ?」という状況になるまでそれほどの時は要さない。つまり、導入当初にシステムが意識されるのも、単に真新しいからであって、それは急速に色褪せてしまうのである。

どんなシステムを作りたいか

 作ったシステムがユーザーの業務課題を解決し、最初は新鮮であったとしても、業務プロセスに組み込まれる中で意識されなくなる。これはこれで、頻繁に障害を起こして、年がら年中、このシステムは早く使うのを止めたい、などと言われ続けるのに比べれば、むしろ理想的なのかもしれない。つまり、当初の目的を達成していると言える。しかし、作り手からすると一抹の寂しさと言うものがある。

 こんな作り手の過剰な自意識を満たそうと思えば、存在する業務課題を解決するというシステムの開発方法では駄目なのだろう。このやり方では、業務課題が解決されると同時に、そのシステムの存在は希薄化し始めてしまう。

 我々の自意識過剰を満たそうと思えば、そのシステムを作ったことによって、新しい何かが始まるようなものを創り出さなくてはならない。それは新しいビジネスであるかもしれないし、新しいコミュニケーションであるかもしれない。しかし、それも成功すればするほど、競合が表われて、いずれは誰にも意識されなくなる。しかし、業務課題と違って、それは解消してなくなるのではなく、新しい何かとして存在し続ける点が大きく異なるのである。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。
※この連載に関するご意見、ご感想は zblog_iida@japan.cnet.com までお寄せ下さい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]