編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

グリーングリッドに新ディレクター就任--エネルギー利用の効率化を推進

ZDNet Japan Staff

2009-07-09 11:48

 データセンターおよびビジネスコンピューティング分野での、エネルギーの効率化を推進する業界団体「The Green Grid」(グリーングリッド)は7月9日、エグゼクティブディレクターにローレンス・バータル氏を任命したと発表した。バータル氏は今後、会員企業、提携先、エンドユーザーなどで構成する諮問委員会と協力し、ベンダー中立のベストプラクティス、指標、仕様を策定していく。

 バータル氏はIT企業で、業務管理、戦略リレーション、コーポレートガバナンス、マーケティングといった分野で20年以上の経験を持つ。また、「Information Week」の「2008年の15名のイノベータとインフルエンサー」にも選ばれた経験を持っている。

 バータル氏は「エネルギーの効率性は、IT企業やエンドユーザにとり、かつてないほど重要な課題となっています。グリーングリッドはデータセンターの効率性の測定・改善に役立つ指標ならびにメソドロジーを策定し、著しい前進を遂げました。グリーングリッドが引き続き成功するために貢献し、多くの国際的な組織や企業と協力して、新たな成果を上げていきます」とコメントしている。

 The Green Gridは2007年初めに発足。電力使用の効率性を示す「PUE」(Power Usage Effectiveness)や、データセンターのインフラの効率性を示す「DCiE」(Data Center infrastructure Efficiency)といった指標を策定している。運営会員は、AMD、Schneider Electric傘下のAPC、Dell、EMC、HP、IBM、Intel、Microsoft、Sun Microsystemsの代表で構成されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]