編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

イーベイ、スカイプ株式の65%売却を発表--売却総額は約20億2500万ドル

文:Steven Musil、Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2009-09-02 07:11

 eBayは米国時間9月1日、インターネット電話サービスのSkypeを、Marc Andreessen氏の設立したベンチャーキャピタルグループを含む投資家グループへと売却する方針を正式に発表した。

 この取引でeBayは、現金で約19億ドルを手にするほか、買い手から約1億2500万ドルの額面の証券などを受け取るため、今回の売却総額は20億2500万ドルに上ることになる。すべての取引は2009年第4四半期中に完了する予定だ。

 Skypeの株式の約65%を保有することになる投資家グループは、Silver Lakeが中心となっており、Index Ventures、Andreessen Horowitz、Canada Pension Plan Investment Boardなどが含まれている。Skypeの株式の残る35%は、引き続きeBayが保有する。

 今回の取引において、今後数カ月以内に新規株式公開(IPO)が行われると見られるSkypeの企業価値は、27億5000万ドルに相当するとの評価も算出されている。

 Skypeの売却をめぐっては、しばらく前から予測が流れていた。1日に正式発表された投資家グループへの売却については、The New York Timesが8月31日付けの記事で報じていた。

 ベンチャーキャピタルグループのAndreessen Horowitzは、Netscapeの創設者でありOpswareの共同創設者でもあるMarc Andreessen氏と、Opswareの共同創設者であるBen Horowitz氏によって、新たに7月に設立された。

 eBayは、顧客がリアルタイムに(eBay上での)売買について話し合えるようにと、2005年に26億ドルを支払ってSkypeの買収へと踏み切ったものの、今回の売却により、その当初の計画通りには事が運ばなかったことを認めた形だ。Skypeの買収から4年の歳月が流れた現在、eBayは、見込まれていたような利益をもたらす買収とはならなかったことに気づいたようである。

 eBayの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJohn Donahoe氏は「単独で強力な事業となるSkypeだが、われわれのeコマースやオンライン決済事業とのシナジー効果という面では成果を見込めなくなった。今後もSkypeは独立した企業として、オンラインの音声および動画コミュニケーション分野における競争を勝ち抜くことに焦点を合わせ、その成長速度を増していくに違いないと確信している」との声明を9月1日に発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]