グーグルの中国担当プレジデント李開復氏が退職へ

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル 2009年09月04日 16時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国におけるGoogle運営のプレジデントで、同社とMicrosoftの人材採用をめぐる熾烈な争いの焦点でもあった李開復氏が、9月中にGoogleを去ることになった。

 Googleが米国時間9月3日の夕方に認めたところによると、2005年にMicrosoftを離れて、中国におけるGoogleの運営を引き継いだ李氏は、Googleを退職して、自身のベンチャーを立ち上げることになっており、後任にはGoogleの職員が就くという。李氏の退職は、Wall Street Journalが最初に報じた

 李氏は自身の退職を発表する声明の中で「非常に強力な指導部ができたため、自分のキャリアを次の段階に進める上で今がとてもいいタイミングのように思えた」と述べている。

 音声認識技術の専門家である李氏は、1990年代後半にMicrosoftの中国研究所を立ち上げ、Microsoftに入社する前は、Silicon GraphicsやAppleに勤めていた。Google入社前は、ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社で、新しい検索技術の研究に従事していた。

 Googleが2005年7月に李氏の雇用を発表すると、Microsoftは、李氏が同氏とMicrosoftとの契約の一部である1年間の非競争契約に違反しているとして、即座にワシントン州裁判所に李氏とGoogleを訴えた。その後、Googleはカリフォルニア州裁判所で反訴を提起した。Microsoftは2005年12月にGoogleと和解したが、和解条件は公表されなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算