編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米ホワイトハウス、クラウドコンピューティング構想を明らかに

2009-09-17 21:21

オバマ政権は米国時間9月15日、壮大かつ長期的なクラウドコンピューティング戦略を発表した。目的はインフラにかかるコストや環境に与える影響を抑えることという。連邦政府の最高情報責任者(CIO)Vivek Kundra氏が米航空宇宙局エイムズ研究所で講演し、計画を明らかにした。米News.comの報道によると、同氏は講演で、米政府のIT予算が現在760億ドルにものぼり、さらにそのうちの190億ドルがインフラそのものに費やされていることを指摘したという。また、国土安全保障省だけでデータセンターが23箇所もあると、同氏は述べている。政府はこの取り組みの一環として、政府機関のクラウドサービス利用を支援するサイトApps.Govを立ち上げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]