日本ユニシス、地方自治体向けのSaaS型防災サービス「SAVEaid」を発表

冨田秀継(編集部)

2009-09-28 12:29

 日本ユニシスは9月28日、地方自治体および企業を対象に危機管理情報共有サービス「SAVEaid/セーブエイド」を10月1日から販売すると発表した。グループ企業のユニアデックスが保有する「災害情報共有システム」を共同でSaaS化、自治体向け防災システムとして開発した。

 SAVEaidは、災害発生時の情報を整理および可視化し、地図上で共有するサービス。「どこで何が起こっているか」「誰が何をしているか」といった情報を地図上に「見える化」することで、自治体および企業の復旧に関わる効果的な初動活動を支援する。

 本サービスでは、携帯電話やPCを活用した被災情報の収集に特徴がある。災害現場や避難所にいる職員らは携帯やPCを使って被災情報や支援要請をシステムに入力する。一元管理されるこれらの情報を元に、災害対策本部が情報の収集と整理を行う。

 また、災害現場から登録された広域被災情報や個人からの被災情報を、ゼンリンデータコムが提供する地図上に表示することが可能。

 SaaSとして提供されるSAVEaidの価格は、20IDのスタートパッケージで月額12万円(税別)から。実際の利用にあたっては、初期データ投入費用が別途発生する。また、レスキューナウの危機管理情報センター(RIC24)の災害情報や交通情報を受信できるオプションも提供される。

 日本ユニシスでは、SAVEaidを応用することで、単一の市町村だけでなく、都道府県や病院、学校、NPO、地元企業など災害対応に関係するさまざまな組織で被災状況や復旧活動状況を共有することができ、地域ぐるみの災害対応を実現できるとしている。

SAVEaidは情報の収集と整理だけでなく、外部団体との連携などでも活用できる(地図データ (c) ZENRIN CO.,LTD.Z09LE第072号)(画像をクリックすると拡大します) SAVEaidは情報の収集と整理だけでなく、外部団体との連携などでも活用できる(地図データ (c) ZENRIN CO.,LTD.Z09LE第072号)(画像をクリックすると拡大します)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]