編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

OSSのBIツール「Pentaho」最新版、日本国内のサポートサービス開始

田中好伸(編集部)

2010-01-05 17:47

 KSKソリューションズは1月5日、オープンソースソフトウェア(OSS)のビジネスインテリジェンス(BI)ツールの最新版となる「Pentaho Open BI Suite V3.5」の日本国内のサポートサービスを1月8日から提供することを発表した。

 Pentaho Open BI Suiteは、米Pentahoが開発、販売するBI製品。ダッシュボードやレポート、データ統合、分析、データマイニングといった機能を搭載している。これまでに1000社以上が導入しているという。

 無償版と企業向け機能が搭載される有償上位版の2通りのライセンスが提供されている。日本国内では、2007年からKSKソリューションズが日本語化と有償ライセンスの販売、サポートを行っている。価格は1CPUあたり年間132万円となっている。

 今回のV3.5では、簡単にレポートを作成できるレポートデザイナーが刷新された。また、多次元分析やダッシュボードといった機能が強化されていて、直感的な操作で分析レポートやダッシュボードを作成できるようになっている。

スクリーンショット Pentahoのスクリーンショット

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]