編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本情報通信など、BIをSaaSで提供するための検証ラボをベトナムに設立

田中好伸(編集部)

2010-01-15 19:18

 日本情報通信(NI+C)は1月15日、海外企業と協業してビジネスインテリジェンス(BI)ツールをSaaSで提供するための検証ラボをベトナムに設立することを発表した。

 ブレインチャイルドとベトナム企業のVIJA Power Source(VIJA)と協業して、オープンソースソフトウェア(OSS)のBIツール「Pentaho」の検証環境を4月に立ち上げる。有効性を検証した上で、2010年末に日本国内企業とベトナムに進出している日系企業を対象にBIをSaaSで提供する予定だ。

図 サービスのビジネスモデル
※クリックすると拡大画像が見られます

 検証では、NTTコミュニケーションズとベトナム通信最大手Vietnam Posts & Telecommunicationsの合弁企業Global Data Service JSC(GDS)が所有するデータセンターを活用する。データセンターの国際的な品質評価基準の「Tier 3」に相当するという。

 NI+Cは、日本国内とアジア太平洋地域に向けて今回のサービスを基盤にしたシステム構築(SI)サービスと国内でのクラウドサービスを提供する。ブレインチャイルドは、Pentahoのゴールドパートナーとして製品を提供、同時にNI+Cと協業してBIソリューションを提供する。

 VIJAは、ベトナムのBIエンジニアを活用して、品質の高いSIサービスをNI+Cに提供する。今回のサービスでVIJAは、従来型の請負開発からクラウドサービスを展開、2011年度に30社以上の受注を目指し、ベトナム国内でSE100人の雇用を創出することになるという。その次の年度は、300社の受注を働きかけて、SE1000人体制を整える計画としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]