編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コンピュウェア、ウェブアプリの性能管理をSaaS型で提供

田中好伸(編集部)

2010-01-27 14:45

 日本コンピュウェアは1月27日、SaaS型のウェブアプリケーション性能管理サービス「Gomez adVantage」の提供を開始した。月額140万円から利用できる。

 Gomez adVantageは、米Compuwareが2009年10月に買収したウェブ最適化を事業とするGomezのウェブサイト性能管理ソリューション「Gomez」と、Compuwareのエージェントレス監視ソリューション「Vantage」を統合したもの。単一のダッシュボードからウェブアプリケーションの最適化を図れるようになっている。ビジネス上ミッションクリティカルなアプリケーションをウェブ経由で提供する企業やXaaS事業者を支援できるとしている。

 Gomez adVantageを利用することで、エンドユーザーの視点に立って包括的にアプリケーション性能を管理できるようになるという。同サービスにはコンサルティングも含まれ、サブスクリプションをベースとした利用しやすい枠組みで性能管理を提供し、迅速な実装と早期の投資対効果(ROI)達成ができるとしている。

 ウェブサイトは現在、企業にとって顧客とのコミュニケーションを行い、商品やサービスを提供する重要なチャンネルであり、企業収益や顧客満足度、ブランド認知に直結している。ある調査では、ウェブの反応が1秒遅れることでウェブコンバージョンは7%低下、顧客満足度は16%低下する可能性があるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]