編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

MS、2月の月例パッチを事前通知--「Windows」と「Office」の脆弱性に対処すると発表

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2010-02-05 10:47

 Microsoftは米国時間2月9日に公開を予定している月例パッチで、「Windows」に関して深刻度が「緊急」となっている脆弱性や、32ビット版カーネルに影響する脆弱性、「Office」に関する脆弱性に対処することを4日の事前通知で発表した。

 今回のセキュリティ情報は13件あり、その中には深刻度が「緊急」で、リモートでコードが実行されるおそれのある脆弱性に関するものが5件含まれている。セキュリティ情報の事前通知によると、(「緊急」以外の深刻度のものも含め)影響を受けるソフトウェアは、「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「Office XP」「Office 2003」「Office 2004 for Mac」などだ。

 「Officeに関する脆弱性は緊急度が『重要』となっており、悪用するには(通常はユーザーに細工したファイルを開かせるように仕組む形で)ユーザー側での実行が必要になる」と、MicrosoftのシニアセキュリティコミュニケーションマネージャーであるJerry Bryant氏がブログに記している。「この脆弱性の影響を受けるのはOfficeの旧版のみで、『Office 2007』『Office 2008 for Mac』を利用している顧客は、2月のセキュリティ更新には該当しない」(Bryant氏)

 また、このセキュリティ情報にはMicrosoftが2週間前に明らかにしたWindowsの32ビット版カーネルに存在する脆弱性の修正も含まれている、とBryant氏は述べている。

 一方、その他2件の既知の脆弱性に対処する修正パッチは、2月の月例パッチでは公開されない。この2件とは、情報漏洩につながるおそれのある「Internet Explorer」の脆弱性(3日にセキュリティアドバイザリ980088が公開されている)と、2009年11月に明らかにされたファイル共有プロトコル「Server Message Block」(SMB)に存在する脆弱性(セキュリティアドバイザリ977544)だ。

 「これらの脆弱性を悪用した被害の報告は受けておらず、ユーザーにはアドバイザリに記載された、問題の緩和策および回避策を実行してもらうよう推奨していく」と、Bryant氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]