クラウドのシステム障害を事前予知--富士通研究所、障害対処技術を開発

新澤公介(編集部) 2010年02月23日 17時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は2月23日、クラウドシステムの障害対処として、障害の発生を事前に予知し、原因の特定から解決といった一連の処理を自動で行う技術を開発したと発表した。

 今回の技術は、障害時と正常時に出力される通信パケットなどのメッセージのパターンを比較することで、障害の発生を事前に予知するというもの。富士通研究所ではメッセージには特定のパターンがあるとしており、このパターンを早期に検出することで、障害が発生しているかどうかを検知できるという。

 メッセージは、過去の障害報告やシステムの構築時、試験時に得られた情報を抽出し、障害時のメッセージパターンとして蓄積されていく。障害のパターンによって学習することも可能なため、検出予知の拡大と検出精度の向上を図れるという。

 また、サーバなどの設定ミスにより、メッセージが出力されないといった場合にも対応。ネットワーク上の通信パケットを収集、分析し、パケットのロスや遅延時間といった振る舞いから障害を検出する。

  • システムメッセージの分析による障害の予知

  • システムメッセージが出力されない潜在障害の予知

  • クラウド障害対処技術

画像名 富士通研究所常務取締役の近間輝美氏

 富士通研究所によると、富士通が10月に商用サービスを開始する「オンデマンド仮想システムサービス」と、LCM監視サービスに、それぞれ今回の技術が適応される予定としている。

 富士通研究所の常務取締役である近間輝美氏は、オンデマンド仮想システムサービスについて「ひと味違ったサービス提供のための基盤」と述べ、「(同サービスに)富士通研究所が貢献する」と障害対処技術による差別化に期待を寄せ、「開発中のクラウド技術とノウハウにより新たなビジネス領域を拡大していく」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]