グーグル、「Google Health」の提携拡大を発表

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2010年03月04日 09時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、急成長を遂げるヘルスケア技術市場への進出を続けている。

 同社は今週、無料の「Google Health」サービスの拡充を目指して、新たに複数の提携を結んだことを発表した。

 Google Healthは、健康状態や医療問題の情報収集や医者や医療専門家の検索、他の健康に関連したウェブサイトの発見などが行える、オンライン医療ポータルの提供を目的としたGoogleの取り組みである。また、診察の結果や薬の名称、保険に関する情報や電子的な医療記録などを、自分のPCやサードパーティーパートナーから追加して、健康プロフィールを編集保存できるようになっている。

 Googleの新パートナーの1社は、会員にウェブを通じた処方情報へのアクセスを提供するSurescriptsである。今回の新提携により、Surescriptsの会員はGoogle Healthを通して処方履歴の保存および追跡が可能になると、Googleは述べている。Surescriptsは、CVS、Kmart Pharmacy、Walgreens Pharmacyなどからなる、Google Healthの医薬品パートナーに加わることになる。

 さらに、Googleは、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)Citizen Memorial Healthcare(CMH)Iatric Systemsとも提携する。これらのプロバイダーを利用する患者は、Google Healthのアカウントとリンクして、自分の医療記録を検索して編集できるようになる。

 今週発表された最後のGoogle Healthでの提携は、Withingsの体重計「WiFi Body Scale」に関するもので、同製品では、体重やBMIなどのデータを記録して、PCやスマートフォンなどの接続デバイスへとワイヤレスに記録情報が送信される。同製品のユーザーは、この情報をGoogle Healthのアカウントと同期させて、経過を追うことができるようになる。

 2008年にGoogle Healthの提供を開始して以来、同社は、医療分野の情報検索とヘルスケアの履歴把握を切望する消費者向けに、同サービスを宣伝してきた。Googleは、病院や薬局、保険会社など多数のプロバイダーと提携することに努め、そのすべての提携先とGoogle Healthを同期させて、ユーザーが自分の医療情報を1つのサイトで閲覧可能にした。また、自分のGoogle Healthのアカウントを、家族や医者と共有することもできる。

 しかしながら、クラウドの他の多くのサービスと同様に、Google Healthにはセキュリティに関する懸念がある。バックエンドの情報はGoogleによって保護されているものの、たとえ最も強力な対策を講じていても、実際にはデータの流出は生じるものである。Google Healthのアカウントへのアクセスは、単純な「Gmail」のパスワードのみで確保されるため、自分の医療情報の保護レベルはアカウントパスワードと同程度でしかない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]