モジラ、「Firefox 3.0」の最終バージョンをリリース

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦

2010-04-01 11:51

 「Firefox 3.0」の登場から2年足らずで、Mozillaは同シリーズの最終版となるバージョン3.0.19をリリースした。

 Firefox 3.0はオープンソースブラウザであるFirefoxにとって、普及の中心的役割を果たす存在だった。2008年7月のリリース時は「Download Day」が設定され、それ以来、着々と利用者を増やしてきた。しかし、その後「Firefox 3.5」、さらには「Firefox 3.6」がこれに取って代わり、MozillaはFirefox 3.0系統のサポートを終わりにする決断を下した。

 バージョン3.0.19と同時に、5件のセキュリティに関する重大な脆弱性が修正された「Firefox 3.5.9」もリリースされた。一方、バージョン3.0.19の変更はそれほど大きなものではなく、セキュリティと安定性の問題13件が修正されるにとどまっている。

 ただしMozillaは、ユーザーに対し、両バージョンからのバージョンアップを呼びかけている。

 MozillaのChristian Legnitto氏は米国時間3月30日のブログ記事で「これはFirefox 3.0向けに予定されているものとしては、最後のセキュリティおよび安定性に関するリリースだ」と述べ、以下のように続けている。「すべてのユーザーにFirefox 3.6へのアップグレードをおすすめする。『http://firefox.com/』からダウンロードするか、Firefox 3.5.9または3.0.19を使っている場合はヘルプメニューから『ソフトウェアの更新を確認』を選べば、アップグレードを行える」

 またこれとは別に、Mozillaの電子メール部門Mozilla Messagingが、「Thunderbird 3.0.4」をリリースした。この新バージョンではセキュリティの重大な脆弱性が3件修正されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]