編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

すべての製造業に照準、専業だからこそ高められるSCMの価値--JDA Software

聞き手:冨田秀継(ZDNet Japan編集部)、構成:大川淳

2010-04-12 16:00

 サプライチェーン管理(SCM)ソリューションを世界的に展開する米JDA Softwareの動向が注目を集めている。同社は2009年冬に米i2 Technologiesの買収を発表、SCM分野での存在感を高めているのだ。大手ITベンダーが次々と専業ベンダーを買収して総合力を高めるなか、同社はより独自性を発揮する方向にかじを取った。来日した同社社長兼CEOのHamish Brewer氏に戦略を聞いた。

不況下でも発揮されるSCMの効力

依然として厳しい経済状況とIT投資についての見解は?

Hamish Brewer氏 Hamish Brewer氏

Hamish:経済状況が厳しいなか、IT投資は見直されているようです。ただし、全面的にストップしているわけではなく、決定済みの案件の再評価や、ERPなどの多年にわたる大規模プロジェクトの一時停止といった例があったようです。しかし、逆にITを活用して情報システムの効率や投資対効果を向上させようという取り組みが、より注目されています。最近は、IT投資を5年程度で回収するなどの長期的なスパンでの投資が望まれていません。1年か半年で回収できるようなシステムに関心が集中しているようです。

 JDA SoftwareがフォーカスしているSCMは、経済的価値を高くできる可能性が大きい。SCMによって企業は在庫を最適化でき、1年程度の短期間で運転資金の10~25%を現金や商品に換えられるのです。

i2獲得でプロセス/ディスクリート双方の製造に対応

i2 Technologiesの買収には地域や市場、技術、製品の獲得などが考えられるが、真意は何か?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]