編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「iPad」所有者を狙ったマルウェアが出現--Windowsユーザーに影響

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-04-27 11:06

 iPad所有者をだまして「iTunes」アップデートに見せかけた悪質なソフトウェアをダウンロードさせようとする電子メールが出回っていると、専門家が米国時間4月26日に警告を発した。このソフトウェアは、コンピュータにバックドアを設けるという。

 「iPad Software Update」というタイトルの書かれた電子メールには、正規のiTunesダウンロードページに見せかけたウェブページへのリンクが書かれていると、BitDefenderは述べる。BitDefenderブログによると、リンク先からは「Backdoor.Bifrose.AADY」というマルウェアがダウンロードされるという。

 マルウェアは自身を「explorer.exe」のプロセスに挿入し、攻撃者がいつでもシステムの制御に利用できるバックドアを設けると、上述のブログには書かれている。またコンピュータにインストールされているさまざまなソフトウェアのキーやシリアルナンバーを読み、ユーザーが利用するICQなどのメッセンジャー、POP3メールアカウント、保護されたストレージのパスワードを記録しようと試みるという。

 Macユーザーはマルウェアによる影響を受けないと、ブログには記されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]